センターの仕組み

シルバー人材センター事業は、日常生活に密着した仕事を、自己の能力、体力に応じて自ら引き受け、その仕事を完成させてはじめて配分金を受け取ることができる仕組みとなっています。

センターが、会員にふさわしい仕事を発注者から責任を持って請け負い、各会員の希望に添って仕事を提供し、これらの仕事を会員同士で分かち合いながら就業します。
(100%希望通りに就業できるとは限りません)

仕事の発注者とその仕事に就業した会員との間には雇用関係は発生しません。(会員は直接契約の交渉はできません)配分金(仕事の対価)・事務費・材料費などの請負代金は、センターが一括して受け取り、取り決めに従い就業会員へ配分金を支払います。
(センターは、会員に対し一定の就業や収入を保証はしておりません。)

会員が就業中および就業場所との往復時にけがをした場合は、シルバー保険により給付が受けられます。
(雇用関係がありませんので労災保険の適用はありません。)

シルバー人材センターとは

シルバー人材センターは働くことにより自らの生きがいを充実させ、地域社会の発展に貢献することを望む高齢者のための組織です。
また、シルバー人材センターは、発注者との間に雇用関係の発生しない臨時的、短期的な就業を希望する高齢者が「自主、自立」「協働、共助」の理念をモットーに豊富な知識と経験を生かした仕事をすることで社会に参加し、そこに喜びや生きがいを見出そうとする地域の高齢者が集まって組織し、自主的に運営する団体です。

シルバー人材センターの仕組み

シルバー人材センター事業は日常生活に密着した仕事を、自己の能力、体力に応じて自ら引き受け、その仕事を完成させて初めて配分金を受け取る仕組みとなっています。
センターの仕組み